ロケットマン

イベント

2018年−2019年は音楽映画が熱い!『ロケットマン』や『ボヘミアン・ラプソディ』、『アリー/スター誕生』を一気観しちゃおう!

ロケットマン

「Your Song/ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」などで知られるミュージシャン、エルトン・ジョンの半生を描いた伝記ドラマが2019年8月23日に劇場公開されました。主演は『キングスマン』シリーズなどのタロン・エガートン、エルトン・ジョン自身が製作を務め、『ボヘミアン・ラプソディ』などのデクスター・フレッチャーがメガホンを取って贈る話題のミュージカル超大作映画。

タロン・エガートンの美声!映画『ロケットマン』本編映像

はこちらから↓↓↓

映画公開されてすぐに映画館に観に行きました。エルトン・ジョンの幼い頃の父親との関係が彼の人生に大きく影響を与えていたこと、愛を求めて生き続けた結果が曲「アイ・ウォント・ラヴ」や「ユア・ソング」であり、「ラヴ・ミー・アゲイン」に繋がっていったのですね。どの有名な歌手も“光と闇”があってその人生に涙し続けてしまいます。このミュージカル要素の多い映画ですが、エルトンを演じたタロン・エガートンの歌唱力と演技力に尽きると思います。お時間があったらぜひ劇場へ足を運んでいただきたいです。

『キングスマン』シリーズのタロン・エガートンが若き日のエルトンを演じ、圧巻のパフォーマンスで彼の半生における“光と闇”を珠玉の名曲と共に綴ります。
ロケットマン(オリジナル・サウンドトラック)
1. あばずれさんのお帰り (イントロダクション)
2. アイ・ウォント・ラヴ
3. 土曜の夜は僕の生きがい
4. サンキュー・フォー・オール・ユア・ラヴィン
5. 人生の壁
6. ロックン・ロール・マドンナ (インタールード)
7. ユア・ソング(僕の歌は君の歌)
8. 過ぎし日のアモリーナ
9. クロコダイル・ロック
10. 可愛いダンサー(マキシンに捧ぐ)
11. パイロットにつれていって
12. ハーキュリーズ(ヘラクレス)
13. 恋のデュエット (インタールード)
14. ホンキー・キャット
15. ピンボールの魔術師 (インタールード)
16. ロケット・マン
17. ベニーとジェッツ(やつらの演奏は最高) (インタールード)
18. 僕の瞳に小さな太陽
19. 悲しみのバラード
20. グッバイ・イエロー・ブリック・ロード
21. アイム・スティル・スタンディング
22. (アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン
23. 僕の瞳に小さな太陽 (タロン・オンリー・ヴァージョン) (日本盤ボーナス・トラック)
24. ブレイキン・ダウン・ザ・ウォールズ・オブ・ハートエイク (日本盤ボーナス・トラック)
◆エルトン・ジョン参加の新曲を1曲収録(エルトン・ジョン&タロン・エガートン「(アイム・ゴナ)ラヴ・ミー・アゲイン」)
◆この新曲とキャスト歌唱による1曲を除くすべての曲を、エルトン・ジョンを演じる主演俳優のタロン・エガートンが歌唱。

グラミー賞を5度受賞、「ユア・ソング(僕の歌は君の歌)」や『ライオン・キング』の主題歌「愛を感じて」など、数々の名曲を生みだした生ける伝説エルトン・ジョン。子どもたちが気に入って購入したライオン・キング オリジナル・サウンドトラック。愛を感じての他、思わず口ずさんでしまうハクナ・マタタやサークルオブライフも入っていて満足度の高い内容になっています。

ボヘミアン・ラプソディ

2018年11月9日に全国ロードショー公開された映画『ボヘミアン・ラプソディ』。クイーンを知らなくてもこの映画を観ただけでクイーンの世界観に入れる凄さ。必ず耳にしたことのある曲があるから映画を観た後はもっともっとクィーンの曲を聴きたくなる。そんなクイーンのボーカル、フレディの全てがこの映画2時間に凝縮されていました。もう一度聴きたくなってそしてどんな楽曲があるか知りたくてボヘミアン・ラプソディのサウンドトラックを購入してみました。

1.20世紀フォックス・ファンファーレ
2.愛にすべてを
3.ドゥーイング・オール・ライト (…リヴィジテッド)
4.炎のロックン・ロール (ライヴ・アット・ザ・レインボー・シアター、ロンドン、1974年3月31日)
5.キラー・クイーン
6.ファット・ボトムド・ガールズ (ライヴ・イン・パリ、フランス、1979年2月27日)
7.ボヘミアン・ラプソディ
8.ナウ・アイム・ヒア (ライヴ・アット・ハマースミス・オデオン、ロンドン、1975年12月
9.愛という名の欲望
10.ラヴ・オブ・マイ・ライフ (ライヴ・アット・ロック・イン・リオ・フェスティヴァル、1985年1月18日)
11.ウィ・ウィル・ロック・ユー (ムービー・ミックス)
12.地獄へ道づれ
13.ブレイク・フリー(自由への旅立ち)
14.アンダー・プレッシャー [feat. デヴィッド・ボウイ]
15.リヴ・フォーエヴァー
16.ボヘミアン・ラプソディ (ライヴ・エイド、ウェンブリー・スタジアム、ロンドン、1985年7月13日)
17.RADIO GA GA (ライヴ・エイド、ウェンブリー・スタジアム、ロンドン、1985年7月13日)
18.伝説のチャンピオン (ライヴ・エイド、ウェンブリー・スタジアム、ロンドン、1985年7月13日)
19.ハマー・トゥ・フォール (ライヴ・エイド、ウェンブリー・スタジアム、ロンドン、1985年7月13日)
20.伝説のチャンピオン (ライヴ・エイド、ウェンブリー・スタジアム、ロンドン、1985年7月13日)
21.ドント・ストップ・ミー・ナウ (…リヴィジテッド)
22.ショウ・マスト・ゴー・オン

充実した80分。映画を観ていない子どもたちも音楽を聴いて口ずさむほど魅力がいっぱいの伝説のバンド「クイーン」。タイトル曲の「ボヘミアン・ラプソディ」ほかクイーンの代表曲ばかりを収めたベスト盤的な内容は、ロック史に残る不世出のバンドの魅力を分かりやすく伝えてくれる入門編として最適の1枚です。オリジナルのスタジオ・ヴァージョンだけでなく、映画のシーンをドラマティックに盛り上げるライヴ・ヴァージョンも数多くフィーチャー。1985年7月13日のライヴ・エイドなど初めてオーディオ・フォーマット化された6曲や、完全未発表となる1979年パリでの「ファット・ボトムド・ガールズ」といった貴重なトラックも収録しています。さらには、映画のサントラであるということを忘れないようにとブライアン・メイとロジャー・テイラーが録り下ろした20世紀フォックス映画のファンファーレや、「ウィ・ウィル・ロック・ユー」のスタジオとライヴをミックスした新ヴァージョン、ブライアンが新たにギター・トラックを追加した「ドント・ストップ・ミー・ナウ」、そして、ブライアンとロジャーがクイーン結成前に組んでいたバンド、スマイルでのオリジナル・ヴァージョンを当時の3人で再現した「ドゥーイング・オール・ライト」も収めるなど満足できる作品に仕上がっています。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』メイキング映像「フレディになるまで」

伝説のバンド<クイーン>の感動の物語。

ボーカルのフレディ・マーキュリーを演じきったラミ・マレック。 フレディの夢や情熱、強さと弱さが正直に描かれていて涙が止まらなかった。自分は何者か、と模索している人たちにどんどんこの映画を観てもらいたい。

U-NEXT
ボヘミアン・ラプソディを観るならポイント・タウンからU-NEXT無料登録が断然オススメ!ポイント・タウンで17000ポイントも溜まってお得ですし、そのポイントでAmazonのギフト券などに交換できます。とりあえず1ヶ月無料登録してみてはいかがでしょうか。

アリー/スター誕生

ひとつの出会いが、奇跡を起こす
ウエイトレスから一気にスターダムを駆け上っていくアリー。激しく惹かれあうジャクソンと、全米のステージで一緒に歌う幸せな日々を過ごすものの次第に自分を見失っていく・・・。愛と成功のはざまで最後に彼女がつかんだものとは。。

2018年から2019年にかけての一番の音楽映画は『ボヘミアン・ラプソディ』かなぁとも思いますがこの『アリー/スター誕生』を忘れてはいけないですよね。アメリカン・スナイパーでさらに名を高めたブラッドリー・クーパーとレディ・ガガの共演。『ロケットマン』と『ボヘミアン・ラプソディ』との違いは恋愛色が濃いところ。大スターの男性と出会い、結婚したヒロインが、人生のレールから外れて輝きを失う夫と、自分の成功との間に挟まれる。ラストシーンには衝撃が走りますがブラッドリー・クーパーとレディ・ガガの歌唱力にも引き込まれて観入ってしまいました。ぜひ一度ご視聴ください。

ピックアップ記事

  1. お小遣い稼ぎ【メルカリ】主婦にも簡単にできる!断捨離しながらお金を稼ぐ方法
  2. 全身脱毛コロリーが4月1日より美容脱毛ミュゼプラチナムに統合
  3. 子供の習い事、何がおすすめ?【サッカー編】子どもの能力って本当に凄い!
  4. 子供の習い事、何がおすすめ?【ボルダリング編】ボルダリングは体幹を鍛える最高のス…

関連記事

  1. 映画「アメリカン・スナイパー」

    映画

    主婦の暇つぶし映画:ブラッドリークーパー主演「アメリカン・スナイパー」

    クリント・イーストウッド監督作品映画「アメリカン・スナイパー」のあら…

  2. 清水公園でニジマス釣りに挑戦しよう

    イベント

    千葉県は遊びの宝庫。清水公園でニジマス釣りに挑戦してみよう!

    清水公園と言えばフィールドアスレチックですが行った当日は雨と…

  3. 東京ドイツ村

    イベント

    ゴールデンウィークを満喫したい!一日遊べる東京ドイツ村に行ってみよう!

    東京ドイツ村(別ウィンドウで開きます)へ10年ぶりに子供たちを連れて…

  4. 2020年の年賀状

    イベント

    2020年(令和2年)ねずみ年の年賀状受付が始まりました!早割が断然お得です!

    携帯から何でもできる時代になって年賀状を作るのもだいぶ簡単になりまし…

  5. 映画「愛する人」
  6. 映画「ザ・シューター/極大射程」

    映画

    主婦の暇つぶし映画:マーク・ウォールバーグとマイケル・ペーニャの名コンビで陰謀に打ち勝つ!映画「ザ・…

    アマゾンプライムビデオでおすすめしたい映画「ザ・シューター/極大射程…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

最近の記事

  1. 2020年の年賀状
  2. ロケットマン
  3. サッカー少年にオススメしたい一冊。
  4. フリーソロ
  5. グリーンアロートランポリンパーク
PAGE TOP