フリーソロ

イベント

史上最高のクライミング映画『フリーソロ』が9月6日に公開されました!

アレックス・オノルドの壮大な夢を追う。

身体を支えるロープや安全装置を一切使わずに山や絶壁を登るフリーソロ・クライミング。スーパースター、アレックス・オノルドには、途方もなく壮大な夢がありました。それはカリフォルニア州中央部のヨセミテ国立公園にそびえる巨岩エル・キャピタンに挑むこと。この世界屈指の危険な断崖絶壁をフリーソロで登りきった者は、かつてひとりもいない。「いつ死ぬかわからないのは皆同じ。登ることで“生”を実感できる」と言うアレックスは、その前人未踏の偉業を成し遂げるための準備に取りかか理ます。「自分の恐怖を完璧に操ることができる」才能があるかどうか。彼の夢を映画館でお楽しみください。

フリーソロ・クライミング界のスーパースター、アレックス・オノルドの世界観

アレックス・オノルドは、1985年8月17日カリフォルニア州サクラメント生まれ。人前で話すのは苦手で根暗な方だったと話すアレックス。幼い頃の環境が大人になっても影響しているというところは先日の映画『ロケットマン』のエルトン・ジョンと酷似している。アレックスは、プロのロック・クライマーであり、フリーソロ・クライミングを大胆にこなし、世界で最も名が知られているクライマーの一人だそうです。才能もあるが努力家でもある彼は、目が眩むほどの高い崖をロープなしで制覇したことでも有名だが、その謙虚で控えめな性格でも有名である。クライミングと恋愛の両立はできないと言われていたが、恋人のサンニと出会ってから怪我が絶えないと悩んでいたアレックス。そんな2人の関係にも注目です。

ジミー・チン (監督・プロデューサー・撮影監督)からのメッセージ

フリーソロ・クライミングは、凄まじい集中力を要するスポーツですと話すジミー・チン。安全装置が全くないわけだから簡単に言うと、完璧にこなさなければ、死を意味する。最もシンプルで、最も危険なクライミングスタイルなのです。フリーソロイストになる人は、非常に難しい決断を迫られる。それはある意味、人が人生の中で下さなければいけない決断の中で最も苦しい決断かもしれません。最もシンプルで、最も危険なクライミ偉大なるアスリートたちは、プレッシャーの中でいかに能力を発揮できるか。常に「生きるか死ぬか」というリスクにさらされながら、一度に数時間もの間、完全なる平静さを保ちながら、完璧にやり遂げなければならない。そんな死と隣り合わせの映画『フリーソロ』を作るにあたって、アレックスが、100%準備が整った時にだけ、エル・キャピタンのフリーソロを実行すると最初から信じるしかなかったそうです。プロの登山家が絶好調の日にロープを使って登っても落ちる可能性があるくらい難易度が高いからです。実際、「エル・キャピタンのフリーソロの準備が100%整った」と思える人間がいたということ自体、いまだに信じられないそうです。

『フリーソロ』を観る前に。映画『MELU/メルー』で事前準備を。

映画『フリーソロ』を観る前に先ほど紹介したジミー・チンが監督を務めた2016年公開の映画『MELU/メルー』を先に抑えておきたいところ。ビッグウォール・クライミング――それはリスクも見返りも大きい危険なギャンブル。聖河ガンジスを見下ろすインド北部のヒマラヤ山脈、メルー中央峰にそびえる“シャークスフィン “のダイレクトルートは、クライマーにとって究極の勲章となり得る難攻不落の岩壁。過去30年間、一人の成功者も出していないもっとも困難な直登ルートだ。手ごわい難所が連なる この6,500メートルの峻峰は、百戦錬磨のクライマーにとっても悪夢でしかなく、だからこそ挑戦意欲をかき立てる。90キロの登攀具や食料の入った荷物を背負いながら、雪と氷と岩に覆 われた1,200メートルのテクニカルな山肌を登攀することは、チャレンジの入口でしかない。真のシャークスフィンが姿を見せるのはその先。それはクラックや足場がほとんど存在しない 、垂直にそびえる花コウ岩。450メートルに及ぶ文字通りの“壁”。
2008年10月、コンラッド・アンカー、ジミー・チン、レナン・オズタークの3人はメルー峰へ挑むため、インドに到着した。7日間のはずだった登山は、巨大な吹雪に足止めされ、20日間 に及ぶ氷点下でのサバイバルへと変貌。過去の多くのクライマーたちと同じく、彼らの挑戦は失敗に終わった。難攻不落の山頂まで残りわずか100メートルのところで。敗北感にまみれた アンカー、チン、オズタークの3人は、二度とメルーには挑まないと誓い、普段の生活へ戻っていく。ところが故郷へ帰ったとたん、肉体的にも精神的にも苦しい数々の苦難に見舞われる 。一方、心の中のメルーの呼び声が止むこともなかった。そして2011年9月、コンラッドは2人の親友を説得し、シャークスフィンへの再挑戦を決意。それは前回以上に過酷なチャレンジ となった……。友情、犠牲、希望、そして人間の奥底に眠る、原始的な冒険心について描いた、壮大なスケールの映像美で綴られる山岳ヒューマン・ドキュメンタリー。

ピックアップ記事

  1. 子供の習い事、何がおすすめ?【サッカー編】子どもの能力って本当に凄い!
  2. 全身脱毛コロリーが4月1日より美容脱毛ミュゼプラチナムに統合
  3. 子供の習い事、何がおすすめ?【ボルダリング編】ボルダリングは体幹を鍛える最高のス…
  4. お小遣い稼ぎ【メルカリ】主婦にも簡単にできる!断捨離しながらお金を稼ぐ方法

関連記事

  1. 映画「愛する人」
  2. 日帰りで遊べるパラダ

    イベント

    日帰りで遊べるパラダはスカイトランポリンがオススメ!

    まずはパラダのキッズランドで受付をしよう!アトラクシ…

  3. トイストーリー4

    イベント

    映画「トイ・ストーリー4」が2019年7月12日公開決定!

    「トイ・ストーリー4」30秒特別映像https://www.…

  4. 東京ドイツ村

    イベント

    ゴールデンウィークを満喫したい!一日遊べる東京ドイツ村に行ってみよう!

    東京ドイツ村(別ウィンドウで開きます)へ10年ぶりに子供たちを連れて…

  5. ジグゾーパズル

    イベント

    子どもの日。究極の暇つぶしにジグソーパズル。「おうち時間」をもっと楽しく過ごそう。

    ジグソーパズル・パネル専門店【ジグソークラブ】日本最大級…

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

Twitter でフォロー

最近の記事

  1. ジグゾーパズル
  2. 母の日ギフト船橋屋
  3. 2020年の年賀状
  4. ロケットマン
  5. サッカー少年にオススメしたい一冊。
PAGE TOP